水いぼ

水いぼって??


水いぼはポックスウィルスという仲間の伝染性軟属腫ウィルスで起こります。

1978年以降プールで感染することが多くなりました。

直接子供たちの素肌が触れ合ったり、タオル、ビート板を

共用することなどにより接触感染します。

水を介して感染することはありません。

学校をお休みする必要はありませんが、

プールに入っていいかはプール施設の方とよく相談してください。


当院での水いぼ治療について


水いぼはとった方がいい、とらない方がいい、

医師によってそれぞれ意見があります。

水いぼは約半年から2年で自然治癒しますが、

引っ掻くことにより拡がります。

皮膚が弱い子は全身に水いぼが拡がったり、

水いぼのために湿疹がひどくなったりするので 当院では麻酔薬の塗布してある痛み止めテープを自宅で水いぼに貼って来ていただき、

専用のいぼ取りピンセットでつまみとっています。

水いぼは取ったところは治癒しますが、潜伏期が2週間〜7週間あると言われており、 まだ目に見える大きさになっていない水イボもございますので、

何度か通院しないと完全に直らないことも多々あります。

子供の水いぼの治療法は様々なものがありそれぞれ一長一短がありますので、 当院では患者さんとご相談して治療法を選択しています。

つまみとったあとはキズになっているので、当日のお風呂はお勧めできませんが、汗をかいた場合などはキズが落ち着いているか確認して、当日夜遅めにシャワーを浴びてください。


ペンレステープの貼り方

診察でお渡しするペンレステープ(麻酔テープ)をハサミで水いぼより一回り大きく切ります。 水いぼ取り(予約制)の予約時間の1時間くらい前に水いぼに貼っていただき、 シールを貼ったまわりを水性ペンで囲ってご来院ください。 (シールを剥がした際に水いぼの場所がわからなくならないようにするため)



© Tsuda Hihuka All rights reserved.掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます

医療法人和明会 津田皮膚科 埼玉県草加市氷川町2149-2藤城ビル2階 TEL 048-925-4122